2007年06月12日

puresu

プレスリリースが出ています。

皆様ご存知の「ZIP標準」の開発会社で、
「データセントリック・セキュリティ」を提唱する米国PKWARE社は、昨年
日本法人、ピーケーウェア・ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役
社長:本富 顕弘、以下 PKWARE)を設立致しました。それに伴い、PKWAREの
日本市場でのビジネスに関しプレス説明会を開催致します。

                 記                 

<ZIP標準の老舗であるPKWARE>
PKWAREの「PK」はZIP標準の開発者Phil Katzのイニシャルです。PKWAREは
1986年の創設以来、ZIP標準の開発企業としてデータ圧縮・解凍ユーティリ
ティ「PKZIP」を大手企業に対し提供してきました。2004年、PKWAREはPKZIP
に強力な暗号化機能、認証機能を付加した「SecureZIP」をリリースし、
今日全世界の企業に対し「データセントリック・セキュリティ」を提唱して
います。

<PKWAREが提唱する「データセントリック・セキュリティ」とは>
これまで情報セキュリティとは、ファイアウォール、アンチウィルスなどの
外的脅威対策や、アイデンティティ/アクセス管理による情報漏えい対策で、
言わばインフラストラクチャによるセキュリティでした。しかし、情報
セキュリティの究極の目的は、ビジネスで最も価値あるデータを保護する
ことです。また、データ保護は個人情報保護のみならず、今日の内部統制、
コンプライアンスなどの経営課題においても非常に重要な分野です。
PKWAREは、データ自身を保護し、データの完全性を保証する
「データセントリック・セキュリティ」を提唱します。

<「データセントリック・セキュリティ」を実現するSecureZIP>
SecureZIPは、ZIP標準に基づくセキュアなデータコンテナを作成します。
ZIPの技術によりデータ圧縮とアーカイブの機能を備え、データセキュリティ
として暗号化、認証、デジタル署名の機能を提供します。SecureZIPの
データコンテナはZIP標準であり、デスクトップから、サーバ、
ミッドレンジ、そしてメインフレームまでクロスプラットフォームでの
データのポータビリティ(可搬性)を実現します。

<SecureZIPコンシューマ版の無償配布>
多くのコンシューマ・デスクトップユーザは、フリーウェア、シェアウェア
であるZIPユーティリティを使っているはずです。情報セキュリティが大いに
注目されている今日、個人のデスクトップといえども、様々な個人情報、
機密情報がそのPC上で保管、処理されています。このたびPKWAREは、
「データセントリック・セキュリティ」を実現するSecureZIPデスクトップ版
をコンシューマ市場において無償で配布することにしました。PKWAREは多く
のコンシューマ・デスクトップ上のZIPユーティリティをSecureZIPに置き
換えて頂き、情報セキュリティの向上に貢献したいと考えます。

posted by orange at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。